肌がカサついている時に必要なビタミン

UV対策
Joshua_seajw92 / Pixabay

栄養をとらなくっちゃって思ってまず最初に頭に浮かぶのってビタミンですよね。

とりあえずビタミンCはレモンにたくさん入ってて…。レモンからの連想でしょうか、ビタミンCって酸っぱいイメージがありますが、実はあの酸っぱさはクエン酸なのです。

ここでは、そんなビタミンについてのお話になります。

ビタミンがお肌のコンデションを反映させる

キレイな肌の女性

肌がカサついている時に必要なビタミン

ビタミンは水溶性と脂溶性とがあるビタミンは、水溶性と脂溶性に分けられます。

水溶性は、ビタミンB・C、ニコチン酸、葉酸、パントテン酸があり、これらはとりすぎても排泄されます。
脂溶性は、ビタミンA・D・E・Kがあります。こちらは、取りすぎると体内に蓄積され、頭痛、下痢などの症状を起こします。

食事から摂取したものは大丈夫ですが、錠剤を利用するなら注意が必要です。逆に、欠乏すると病気になります。ビタミンは食事から摂取するのが一番ですが、肌の調子が悪い、疲れやストレスがたまっているときなどは、上手に錠剤を利用してもいいでしょう。

 

抗酸化作用で活性酸素を除去して肌を守る

肌のトラブルには酸化が関係しています。

肌の細胞の酸化を防ぐビタミン。肌の細胞の酸化を防ぐのはビタミンA・B・C・Eです。

ビタミンに抗酸化力があるのは、「活性酸素」を消去するからです。

その点では、ビタミンEが最もすぐれていますが、脂溶性なのでとりすぎには注意しましょう。

単独で摂取するより、ビタミンAとC、補助的な役割としてビタミンBも一緒にとることが、体内の抗酸化力を高めます。

ビタミンの抗酸化力に注目私たち人間は、体内で日常的に化学変化を起こし、物質を酸化させる性質を持つ「活性酸素」を発生しています。細胞組織が酸化すると老化したり、シミ、シワとなって現れます。

「活性酸素」の発生は生命活動の一つなので、ゼロにすることは不可能です。しかし、体内では「活性酸素」を消去するための機能「抗酸化物」がつくられ、体を守っています。が、体内の抗酸化能力は年齢とともに減少します。

排気ガスやダイオキシン、オゾン層破壊、電磁波、農薬、食品添加物、ストレスなども、活性酸素を発生させる原因です。こうなってくると、体内の抗酸化物だけでは力不足になります。そこで、食物からとり入れることが大切になってきます。

相互作用のある栄養を摂ることで有効に働かす

抗酸化物質の代表がビタミン、ミネラルです。これらは相互作用によって有効に働きます。カテキン、ポリフェノール、フラボノイド、酵素なども抗酸化物です。

 

皮膚や粘膜のうるおいをつくるためにビタミンAが必要です。また、ビタミンAは、フケ防止にも有効です。血行促進にはビタミンE、良質のたんぱく質とともに代謝を促すビタミンBも取りましょう。

ビタミンB2も皮膚や粘膜の機能に重要な働きをしていて、不足するとニキビ、口角炎、口内炎など肌や口の中で炎症が起こります。「ニキビを治す方法1日でも早く!正しい顔の洗い方とビタミンB2摂取に肌ケアが大事」のページではニキビが出来たときに欲しい栄養素である「ビタミンB2」がもっと多く含まれている食品なども紹介しています。

しかし、皮膚が乾燥していては保湿ができていないわけですので、肌ケアとして水分をしっかり角質層にやって蒸散しないように皮膜を作らなくてはいけません。「セラミドの効果はバリア機能が回復するって本当?対策はスキンケアをすること」では保湿作用があるセラミドが細胞間脂質としてものすごい働きをしていることがよく分かりますよ。

アトピー性皮膚炎にも効果のあることが実証された論文なども多いセラミドには、合成から天然まで色々な種類があり、その違いなども「セラミド化粧品の効果が出るまでにはどのくらいの時間がかかる?」というページで整理しています。

 

シミ、くすみを防ぎたい時のビタミン

シミのない肌

メラニンの形成を防ぐビタミン

シミを薄くしたい時はビタミンC・Eです。新陳代謝を活発にし、できてしまったメラニンを押し出すためには、特にEが有効です。

メラニンの形成を防ぐにはビタミンCがもっとも有効です。ビタミンEは、酸化を防ぐとともに血行促進効果もあります。また、貧血の場合は、鉄の吸収を促すビタミンCを多めに取るとよいでしょう。

肌に張りがない時のビタミン肌に張りや弾力がなくなるのは、紫外線や老化が原因ですが、皮下組織のコラーゲンの生成を活発にするビタミンCが有効です。

 

日光浴とビタミンD生成の関係について

ベランダの日差し

人の肌の皮膚には紫外線(特にUV-B)を受けてビタミンDを合成する機能を持っており、骨形成の盛んな子供には日光浴が大切だと言われ、母子手帳にも日光浴の大切さの記載がありました。

しかし近年では紫外線に対する危険性などから日光にあたることを避ける習慣になっていて、特に女性などはビタミンD欠乏症に陥りがちです。

紫外線を浴びることとビタミンD生成の関係について

ここでは、日光に当たってビタミンDを生成するのに必要な時間と、紫外線が皮膚に直接的な影響が出始める時間について整理しましたので以下を参考にしてください。

晴れた日にスキンタイプIIIの人が600cm2の露出をして一日に必要なビタミンDを生成する時間

  7月  12月  
9時12時15時9時12時15時
札幌ビタミンD生成148249041394985
皮膚に影響3925647142271667
つくばビタミンD生成1161819341493
皮膚に影響32205231398625
那覇ビタミンD生成165101421431
皮膚に影響4616292944286
肌の色が白い人はこの数字に0.83を掛けます。肌の色が濃い人はスキンタイプIVなので、1.5倍を掛けるようにします。

ただ、この表から分かるように冬の日光は現実的ではない時間となっています。

いくら安全とはいえ、少しでも紫外線を浴びたくない人たちからすればリスクを感じます。

確かに昔から日光浴は大切だと言われていますが、太陽光からの紫外線は体にとっても肌にとっても健康を損ねるリスクがあります。紫外線対策をしっかりして太陽の下で適度な運動をされるのが良いのかもしれません。

冬になると寒さ対策から温かい衣類を着て逆に肌が乾燥することがあります。そのことについては「ヒートテックを着るとかゆい原因は?乾燥肌やアトピー肌の人は危険」というページで肌がカサカサになることを説明してますので、心当たりがある人はこちらをご覧下さい。

 

話を戻します。必ずしもビタミンDを生成するために日に当たらなくてはいけない、というわけはありません。日頃の食事やサプリメントからビタミンDは摂取できます。日光浴の必要性は高いとは言えません。日光浴の必要性よりもバランスのよい食事と適度な運動が大切と言えます。

 

もちろん食事や運動だけではなく、睡眠時間、飲酒や喫煙などにも心当たりがあるのでしたら、総合的に生活習慣も見直す必要があります。「睡眠を摂ることで肌の新陳代謝を促進」させ改善してくれます。

参考文献:「太陽紫外線による健康のためのビタミンD生成と皮膚への有害性評価

コメント

タイトルとURLをコピーしました