多汗症・汗の多いときの対処法

わきがの女性

多汗症とは、汗は誰でも気温があがったり、運動をしたりすれば汗をかきます。多汗症はふつうなら汗をかかないような気温や運動量で強く発汗してしまうのでが多汗症とよばれるものです。

多汗症には全身に発汗する全身性のものと手、足、わきの下、鼻の頭、鼻の下など部分的に発汗する局所性のものがあります。

 

多汗症・汗の多いときの対処法

汗をかく女性

汗をかくことで一番気になるのは、汗の臭いではないでしょうか。長時間、汗をかいたままにしておくと皮膚に常在する菌によって汗が酸化され、臭いがでます。

 

汗そのものは臭いはほどんどなく、「汗臭い」というのはほとんどが汗をかいて放置したことで汗が酸化したことが原因です。

 

汗をたくさんかく人は、汗をかいた場所をよく拭いたり、早めに洗い流せば問題ありません。特に夏場一番汗の臭いが気になるわきの下は、細菌が増殖しやすい場所ですので、タオルなどでこまめに、そして早めに拭き取りましょう。

 

デオドラント効果のあるスプレー剤や制汗スプレーなどは汗を洗い流したり、汗を拭きとったあと、清潔になった肌に使用するのが効果的です。汗を洗い流したり。拭き取る前に使用しても効果は期待できません。

 

汗症の原因

わきがの女性

多汗症の原因汗を分泌する汗腺にはエックリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、多汗症はそのエックリン汗腺の異常によって起こります。汗腺の異常といっても、ほとんどのケースが体質的なことが原因と言われ、病気とは呼べないそうです。

 

エックリン汗腺は副交感神経の支配を受けているために神経を刺激されると発汗します。緊張して発汗するのはこのためです。多汗症とは異なり、内分泌障害などの病気が原因で全身の発汗が強くなることもありますので、他の病気の症状として発汗があるときは病院で診察を受ける必要があります。

 

あぶら足は汗が原因

あぶら足というと、脂分の分泌が多い足というイメージがありますが、実は脂ではなく汗が原因となっています。足の裏には毛が生えていません。皮脂腺も無いので、皮脂は分泌されません。

これを防ぐには、1日何度か石けんを使って洗うことことです。洗えない場合は、ウエットティッシュでこまめに手入れをするだけでかなり効果があります。洗い過ぎは肌バリア機能が低下しますので気をつけます。顔などでバリア機能が低下してしまうとニキビなどができやすくなります。

 

汚れを落とし、陰干しや消臭スプレーでいつもきれいな状態にしておくことが大切です。汚れたままだと、臭いのもとにもなり、水虫の原因にもなります。

セラミドコスメのオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました