日焼けによるシミ・ソバカス対策はビタミンCを摂り日焼け止めクリームを使う

日焼け止めクリームを塗る手
StockSnap / Pixabay

今や、紫外線対策といえば夏に限ったことではありませんよね。

夏が始まる前からしっかりと対策をしなくてはいけませんし、冬場も紫外線は雲を通過してグサッとわたしたちのお肌を攻撃してきます。

ここでは紫外線対策で必要な栄養素などを説明しますね。

日焼け止めをするにはビタミンCや日焼け止めクリームが要る

StockSnap / Pixabay

メラニン色素に対してビタミンCがオススメ

メラニン色素を抑制します。そのため、太陽の紫外線によるシミやソバカス対策としてビタミンCは重要です。メラニン色素が生成されるのを抑える事や、できてしまったメラニン色素を無色にすることを助ける働きがあります。

紫外線は夏だけのものではありません。冬でもスキー場や海外旅行、積雪地などでも紫外線は大敵ですので、一年を通して意識したいものです。「冬の方が紫外線は強い?」の記事に冬のUVについて、そして紫外線アレルギーに至るまで書いていますのでご覧下さい。

コラーゲン組織を生成する働きもあります。
これらによって紫外線による肌の老化をターンオーバーで防ぐ効果があると言われています。

日焼けによるシミ・ソバカス対策はもちろん、シワやたるみなどの肌のケアのためにも日頃からビタミンCを多く含む、いちご、レモンなどの果物、ブロッコリーやほうれん草、じゃがいもなどの野菜類も多く摂取することは大切と言えます。

顔のパーツで一番皮膚が薄いと言われている目元なども紫外線対策で保湿をしないとすぐに肌が乾燥してシワやたるみが出来てしまいます。もし心当たりがあるのでしたら「目の下のしわをなくす方法」に治るシワのチェック方法も記していますので参考にしてみてくださいね!

 

けれども、そう簡単にビタミンCを摂取できるのかといえば難しいですよね。日頃から紫外線対策をしていても、栄養は食事だけという人は本当に摂れているのか少し不安になりがちです。

 

ビタミンCは水溶性なので、一度に摂取しても汗や尿で排出されますし、野菜だって一日で必要な量はものすごい量が必要になります。

そこで欲しいのが栄養補助食品という方法です。

多くの方が必須栄養素としてビタミン関係は、栄養補助食品で補うのではないでしょうか。

 

日焼け止めクリームなどを使う

オイルマッサージ

silviarita / Pixabay

紫外線のシミ対策は内側からはビタミンCでメラニン色素が生成されるのを防ぎ、肌へは日焼け止めクリームなどで紫外線をカットするようにしましょう。

日焼け止めクリームは自分の肌と相性が良いものを選ぶようにしましょう。

伸びの良さや滑らかさなどをサンプルでどのような感じなのか、チェックしながら探してみるのがよいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました