米ぬかセラミド配合のシトヤカハダふきとり化粧水のクチコミ

お米のやさしいふきとり化粧水 セラミド

ふき取り化粧水とは、クレンジングで落としきれないメイク汚れだけでなく、毛穴の汚れや角質もしっかりと拭き落としてくれる役割があります。

拭き残しがあると肌トラブルの元になってしまいます。ニキビができたり肌荒れなどの原因になります。普段使ってる化粧水でもいいんじゃないの?と思いがちですが、実は全然違うのです。

化粧をしようとする女性

ふき取り化粧水についての解説や選び方、今回はセラミド配合のふき取り化粧水の新商品がアイアイメディカルという会社から発売されるにあたってぴったりの商品があります。まずは「ふきとり化粧水とは」の説明ですが、普通の化粧水との違いを書いています。ご存知の方は読み飛ばしてください。

セラミド成分配合

また、クレンジングをしっかりしないと皮脂が過酸化脂質という老化やがんの原因になることについては、「お肌の汚れを落とさないと肌荒れの原因に」の項目にありますので、健康に気になる方はこちらも知っておくと損はないですよ。ここでは他にもクレンジング剤によく含まれている界面活性剤についても説明しています。

クレンジング剤の効果は?

続いてその次に「ふきとり化粧水の選び方」というのがあります。敏感肌の人でも使えるような無添加だったりセラミド入りだったり、角質除去成分について説明しています。

これらのあとに、米セラミド配合の無添加セラミド配合の「角質柔軟 お米のやさしいふきとり化粧水」を紹介しています。成分や角質を柔らかくしてくれる効果、合成香料や鉱物油不使用なのかということや、パッチテスト済なのか気になることはこちらでご確認ください。値段や販売店舗、そして口コミレビューなども@コスメでの評判や評価も文末の方にあります。

このページのもくじ
  1. ふきとり化粧水とは
    1. ふきとり化粧水は普通の化粧水と違う
    2. 【使い方】クレンジング→ふきとり化粧水→普通の化粧水で保湿
    3. お肌の汚れを落とさないと肌荒れの原因に
      1. クレンジングをしっかりしないと皮脂が有毒な過酸化脂質に
      2. 洗浄力の強いクレンジング剤はお肌を痛める
      3. 敏感肌に「界面活性剤」は大敵!バリア機能も低下する
  2. ふきとり化粧水の選び方
    1. 無添加でパッチテスト済を選ぶ
    2. 角質除去の成分が入っているものが良い
    3. 肌の潤いにはやっぱりセラミド
  3. 無添加セラミド配合の「角質柔軟 お米のやさしいふきとり化粧水」
    1. 米ぬかセラミドなど6種のお米成分が肌を柔らかくして潤いを与える効果
      1. 米エキスが汚れたお肌を清浄化
      2. コメぬかセラミドは他の植物性スフィンゴ糖脂質より水分保持率が高い
    2. リンゴ酸、乳酸、クエン酸配合で角質を柔らかく
      1. リンゴ酸
      2. 乳酸
      3. クエン酸
    3. 抗炎症作用のある成分配合で肌荒れを防ぎ、肌調子を整える
    4. 合成香料・着色料・鉱物油・タール系色素などももちろん不使用なので安全性が高いため副作用の心配も少ない
      1. 合成着色料・タール系色素ももちろん無添加の化粧水
      2. 鉱物油は不使用
    5. パッチテスト済みで安全性が高くて副作用も安心
    6. 販売会社や商品情報
      1. 価格・値段・最安値・キャンペーン情報ある?
      2. 通販は楽天で買える?販売してる店舗はどこ?
      3. シトヤカハダ 角質柔軟 お米のふきとり化粧水の全成分
  4. お米のやさしいふきとり化粧水の口コミレビューや評判
    1. @コスメでのシトヤカハダ 角質柔軟 お米のやさしい ふきとり化粧水のクチコミ

ふきとり化粧水とは

スキンケアをする女性

普通の化粧水というのは保湿を目的としています。ふきとり化粧水というのは角質や化粧や毛穴の汚れを落とすことができます。

ふきとり化粧水は普通の化粧水と違う

クレンジングで汚れをきれいに落としているようでも、実はきれいに落ちていないものです。そこで「ふきとり化粧水」の出番ですね。これでまだ毛穴に残っている汚れをふき取ります。

 

【使い方】クレンジング→ふきとり化粧水→普通の化粧水で保湿

通常はクレンジング後に普通の化粧水で保湿をしますが、ふきとり化粧水を使う場合はクレンジング後に使い、そのあとに化粧水で保湿をします。

  1. クレンジングオイルなどで洗顔。
  2. ふきとり化粧水をコットンにしみこませて顔優しく拭く。
  3. 化粧水や乳液で保湿します。

 

 

お肌の汚れを落とさないと肌荒れの原因に

肌荒れをしている女性

JerzyGorecki / Pixabay

メイクってなかなか落ちませんよね。水だけではなかなか落ちないのを実感しているのではないでしょうか。なぜなら化粧品の多くには、油性成分が入っているためです。

 

理屈としてはお皿の油汚れを水だけで洗い流すようなものです。

油に汚れたお皿

クレンジングをしっかりしないと皮脂が有毒な過酸化脂質に

クレンジングがしっかりと出来ていないと、さきほど説明した油性成分がお肌で酸化してしまいます。これは過酸化脂質といって、ガンや老化を引き起こす体にとって有毒な物質です。皮脂が酸化したものは皮膚細胞にダメージを与えてシワや色素沈着の原因と言われています。

参考文献:厚生労働省eヘルスネット「過酸化脂質」

洗浄力の強いクレンジング剤はお肌を痛める

化粧の汚れを落とす女性

よく落ちるクレンジングで油分を落とすのも大切ですが、化粧を落とすクレンジングの代表的な成分をご存知でしょうか。これは主に界面活性剤と呼ばれるもので、台所洗剤などと同じ成分が含まれています。

 

先ほどのお皿を洗う例をもう一度引き出すと、油汚れが落ちないお皿に台所洗剤を洗うと簡単に落ちますよね。

これは界面活性剤によって油分を落としてくれるからです。化粧落としはこれと同じ原理で、肌の上で洗剤を使って洗っているというわけです。

敏感肌に「界面活性剤」は大敵!バリア機能も低下する

敏感肌で悩む女性

肌の表面は皮脂によって保湿や水分を維持して潤い、外からの雑菌などを防いでいます。この角質層から肌表面にかけてセラミドなどの脂質によってバリア機能が働いています。

 

界面活性剤は油分を落とす力があるので、皮脂もごっそり落としてしまいます。するとバリア機能が働かなくなってしまい、肌表面は乾燥して水分を保てなくなってしまいます。

バリア機能の低下

肌がカサカサになる原因です。また、ウイルスや細菌の侵入も容易になってしまいますので、炎症なども起こりやすくなります。乾燥すると肌は痒みを感じるようになり、それを抑えようと掻きますがさらに肌を傷つけて悪循環になります。

ここではクレンジング成分などについての詳細は割愛しますが、乾燥の原因となるエタノールや香料、保存料、防腐剤、合成着色料などが使用されていないものが望ましいです。

ふきとり化粧水の選び方

ふきとり化粧水で悩む女性

せっかく肌のことを考えてクレンジング剤も選んでいたのに、ふき取り化粧水で脱脂性の強い鉱物油などを使ってしまえば肌へダメージを与えてしまいます。クレンジング後に使用するふき取り化粧水の成分も無添加が良いです。

無添加でパッチテスト済を選ぶ

無添加パッチテスト済

鉱物油や合成香料に合成着色料などが含まれていないのが望ましいです。また、化粧品を使用する上で、一定ラインのアレルギー反応についてクリアしているのかパッチテスト済というのも重要です。

化粧水には肌のコンデションを良くする成分が含まれていますが、その処方や成分によっては赤みやかぶれなどが出る場合可能性もあります。このようにパッチテストをクリアした化粧品でもやはり個人差があり、人によっては反応がでることもあります。その場合は使用をやめて医師に相談するようにしましょう。

角質除去の成分が入っているものが良い

無添加のふきとり化粧水

毛穴に詰まった角栓は脂と古くなった角質が混ざってできたものです。普段のクレンジングでは角栓がなかなか落ちにくく、これを放置してしまうとニキビの原因になります。

角栓は皮脂が多い人場合、毛穴に余分な皮脂がたまりやすいため毛穴が詰まりやすくなります。乾燥などでも角質をためてしまう原因になり、鼻の部位などは肌に残りやすくイチゴ鼻になります。

角質を落としてくれる成分があると良いでしょう。

肌の潤いにはやっぱりセラミド

セラミド配合

肌にうるおいを与える働きのあるセラミドなどが配合されているものが、乾燥肌に良いのは言うまでもありませんね。そして抗炎症作用などのある成分が入っているものが良いでしょう。

それらをクリアしたふき取り化粧水がアイアイメディカルという会社が発売した商品を紹介しますね!

無添加セラミド配合の「角質柔軟 お米のやさしいふきとり化粧水」

お米のやさしいふきとり化粧水

アイアイメディカル株式会社から2019年3月18日に6種のお米&米ぬか成分が配合された「シトヤカハダ 角質柔軟 お米のやさしい ふきとり化粧500mL」が発売されます。

ここからは気になる効果や成分について詳しく説明します。

 

米ぬかセラミドなど6種のお米成分が肌を柔らかくして潤いを与える効果

国産のお米と米ぬか成分が配合されているので安心安全ですね。

米ぬか成分配合の化粧品

  • 米エキス
  • 米発酵液
  • 米ぬかエキス
  • 米ぬか発酵液エキス
  • 米ぬかセラミド
  • 米ぬか油

これらの成分はうるおいを与えてお肌を柔らかくしてくれます。

米エキスが汚れたお肌を清浄化

皮脂分泌の抑制効果があります。

 発酵した米から抽出したエキスに、肌のてかりやべたつきを抑える効果があることを香川県の老舗造り酒屋が見つけ、美容液を作った。厚生労働省が安全性と有効性を認め、美容液は4月から医薬部外品として販売される。

引用:朝日新聞「米エキスに皮脂抑制効果 美容液を医薬部外品で販売へ」

過剰に皮脂が分泌されると毛穴の黒ずみやニキビ、老化といった肌トラブルが起こりやすくなりますが、米エキスはそれらを抑制する働きがあります。米エキスはデリケートなお肌の汚れを優しく落とすことができます。毛穴の奥まで優しくきれいに、なめらかなお肌へしてくれます。

米エキスは乾燥におる肌に対して角質層からしっかりとサポートしてくれます。潤いのあるふっくらとした角質層を形成してくれます。

 

コメぬかセラミドは他の植物性スフィンゴ糖脂質より水分保持率が高い

キレイな肌の女性

いわゆる米セラミド、米ぬかから抽出されたコメヌカスフィンゴ糖脂質のことです。成分は主にセラミド(95%)と糖脂質(5%)でできています。

ほかのと比較してもコメヌカスフィンゴ糖脂質の水分保持率が高いことが明らかとなっています。

またアトピー性皮膚炎の緩和作用(脱顆粒阻害率)についても他の植物性スフィンゴよりもコメ由来87%(小数点以下切り捨て)が最も高いことが分かっています。

  1. 米由来:87%
  2. 小麦由来:82%
  3. こんにゃく由来:70%
  4. トウモロコシ由来:64%

リンゴ酸、乳酸、クエン酸配合で角質を柔らかく

リンゴ酸で角質除去

お肌のトラブルの原因でもある老化角質。お米のやさしいふきとり化粧水にはリンゴ酸、乳酸、クエン酸が配合されているので、そんな角質をやわらかくして、くすみやザラつきを防いでくれます。

リンゴ酸

最初、りんごから発見されたことを由来としています。リンゴ酸には疲労回復や抗菌作用などが有名ですが、化粧品には角質軟化の目的としてよく配合されている成分です。

乳酸

乳酸というと、筋肉痛などネガティブなイメージがありますが、ピーリング成分としてもよく利用され始めています。角質除去のほかにメラニン生成を防ぐ作用もあります。

クエン酸

ピーリングの中でもメジャーなのがクエン酸です。身近に手に入るので手作りピーリングとしても利用されていますよね。

ちなみにクエン酸の手作りピーリングの作り方は、クエン酸小さじ一杯に水100mlです。
クエン酸の手作りピーリング
クエン酸は強い酸性なので、人によっては刺激が強く感じられますのでその場合は重曹を混ぜます。同じく小さじ一杯を混ぜると中和されます。

このようにリンゴ酸、乳酸、クエン酸の力によって角質を柔らかくしてザラついた肌などをなめらかにしてくれます。

抗炎症作用のある成分配合で肌荒れを防ぎ、肌調子を整える

甘草成分配合

甘草という漢方薬に含まれている「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。抗炎症作用があるので抗アレルギー、慢性肝炎などの医療用で使われていたり、化粧品、石鹸など様々な商品にも配合されています。また甘味料としても使われているほど安全性が高いものです。

合成香料・着色料・鉱物油・タール系色素などももちろん不使用なので安全性が高いため副作用の心配も少ない

お米のやさしいふきとり化粧水は無添加

最近ではボタニカル系などが流行り始めて、もう変な添加物が入ってないものが主流になりつつありますよね。

合成香料って何のために必要なのだろうって思いますよね。フレーバーからフレグランスに至るまで、合成香料があふれています。

たしかに良い匂いというのは魅力が増すのかもしれませんが、化粧水の本来の目的からはかけ離れているわけですので、匂いにこだわる必要はありません。またこの成分が肌のかぶれや赤みなどの原因を生む人もいますので、やっぱり「お米のやさしいふきとり化粧水」のように入っていない方が良いです。

合成着色料・タール系色素ももちろん無添加の化粧水

合成着色料不使用の化粧水

合成着色料、石炭タールやこれを原料とする合成色素は食品や化粧品に使われていますが、お米のやさしいふきとり化粧水には合成着色料などは含まれていませんので安心して使えます。

鉱物油は不使用

鉱物油不使用

安定性が高く脱脂力が強く安価なのでクレンジングオイルでも多く使われています。これの原料は一般に石油から精製されるものを指します。成分表にはワセリンやパラフィンと記載されていることもあり、多くの化粧品で多量に使用されています。

もちろんお米のやさしいふきとり化粧水は鉱物油を使用していないのでお肌に優しいです。

パッチテスト済みで安全性が高くて副作用も安心

パッチテスト済お米エキス

全ての人に皮ふ刺激が起こらないというわけではありませんが、しっかりとパッチテストを行っていますので敏感肌系の人にもおススメです。

 

販売会社や商品情報

アイアイメディカルのロゴ

シトヤカハダ 角質柔軟 お米のふきとり化粧水はアイアイメディカルという会社から発売されます。ここでは商品の値段などについての情報を紹介します。

価格・値段・最安値・キャンペーン情報ある?

価格ですが希望小売価格が1000円と設定されています。希望小売価格なのでもしかしたらそれ以下で購入できるかもしれませんが不明です。最安値情報ですが今のところどこが一番安いのかということは判明していません。また、キャンペーンなどの情報もありません。商品詳細は以下をご確認ください。

通販は楽天で買える?販売してる店舗はどこ?

楽天市場やAmazonなどのネット通販で角質柔軟のふきとり化粧水が買えるのか気になりますよね。こちらですが、全国のバラエティーショップと、ドラッグストアということがアナウンスされています。またTVCMや雑誌CMなどの情報はまだ入っていません。詳細は以下をご確認ください。

ふきとり化粧水がおススメ

  • 商品名 : シトヤカハダ 角質柔軟 お米のふきとり化粧水
  • 発売日 : 2019年3月18日
  • 発売場所 : 全国のバラエティショップ、及びドラッグストア
  • 希望小売価格: ¥1,000(税別)
  • 内容量 : 500mL
  • 企画発売元 : アイアイメディカル株式会社
  • 製造販売元 : インタービューティー株式会社
  • 商品URL : http://aiaimedical.co.jp/shitoyaka/komenuka

シトヤカハダ 角質柔軟 お米のふきとり化粧水の全成分

全成分を見ればお分かりになるかと思いますが、配合されている成分数も少なくかなりシンプルですね。

水、DPG、変性アルコール、グリセリン、メチルグルセス-10、ベタイン、コメエキス、コメ発酵液、コメヌカエキス、サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コメヌカ油、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、乳酸、クエン酸、クエン酸Na、デキストリン、オレイン酸ポリグリセリル-10、BG、メチルパラベン

グリチルリチン酸2Kとは先ほど説明した「グリチルリチン酸ジカリウム」のことで、甘草という漢方薬に含まれている成分です。

肌荒れを防ぐ働き

肌荒れを防いでお肌の調子を整えてくれます。

お米のやさしいふきとり化粧水の口コミレビューや評判

女性の口コミや評判

StockSnap / Pixabay

すでにコスメのクチコミサイトで情報が出ていますので分かる範囲で紹介したいと思います。

@コスメでのシトヤカハダ 角質柔軟 お米のやさしい ふきとり化粧水のクチコミ

@コスメのレビュー

発売前の時点でページを確認したところ口コミは無かったものの、注目人数が2人入っているようです。今後の評価が気になるところですね。

@コスメ「アイアイメディカル シトヤカハダ 角質柔軟 お米のやさしい ふきとり化粧水」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました