セラミド原液は効果がある?オススメの一覧42選ランキング

クレンジング剤の効果は? セラミド

ここはセラミドだけが入っている原液をお探しの人にピッタリのページです。セラミドの原料や粉、液体の他、チェーンメーカーズから販売されているような
「原液保湿クリーム 50g」と表記されているものを含めている場合もあります。

 

食事で摂れるセラミドについては「【2019年】セラミドを増やす食品と減らす食品って何?」という記事を書きましたのでこちらから含有量などもご確認ください。

それでは、まずは原液リストからどうぞ

セラミド原液一覧

上部をタップすると順番を並べ変えることができます。
ヒト型に限定したい場合はセラミドの種類をタップ、検索ボックスへヒトと入力すると抽出されます。
原液の他に美容液などが含まれていますが、原液は水、BG、水溶性プロテオグリカン、セレブロシド、キサンタンガム程度までとしてます。
おおよその税込み値段を記載していますので安い順や高い順に並べ替えれます。
原液商品名メーカーセラミドの種類値段
原液セラミド 20mlチューンメーカーズ植物米1296円
原液セラミド200 20mlチェーンメーカーズ植物性1944円
原液セラミド200BIG 60mlチェーンメーカーズ植物性4752円
クリーム原液保湿クリーム 50gチェーンメーカーズ植物性2700円
原液ヒト型セラミド原液リペアエッセンス 20mlトゥヴェールヒト型2160円
原液天然セラミド原液100% 25mlピュアビューエッセンスジャパンギャルズ馬由来745円
原液生セラピュア 天然セラミド原液30mlアイケイ馬由来6000円
原液生セラピュア 天然セラミド原液50mlアイケイ馬由来9800円
原液ビエストプロ セラミド20mlビエスト化粧品馬由来6264円
美容液きれいラボ まるまる美容液ビューティゲート馬由来1166円
美容液リマーユプラセラ原液5mlリバテープ製薬株式会社馬由来1080円
美容液リマーユプラセラ原液20mlリバテープ製薬株式会社馬由来8640円
原液コトラボEXTRAコトラボセラムEx2 35mlコトラボ馬由来3780円
原液馬セラミド美容原液 30mL北海道純馬油本舗馬由来7560円
美容液SE100 スーパーエッセンスセラミド 30mlラシンシア馬由来3780円
美容液リポデルム スーパーエッセンスセラミド 100mlラシンシア馬由来2160円
原液ナチュドール プロセラ原液 20mlネンリンラボ馬由来2680円
原液ナチュドール プロセラ原液 60mlネンリンラボ馬由来6980円
原液ナノセラミド原液 セラリン 30mlエクスピュール馬由来4860円
乳液マイミーマイン ミルクSHC 100ml株式会社コスメプロ植物性2036円
原液マイミーマイン セラミド原液 20ml株式会社コスメプロ植物性4196円
美容液MM-2SP 植物性セラミド美容原液株式会社コスメプロ植物性3681円
日焼け止め原液UVプロテクター 30mlチューンメーカーズ植物性3024円
原液ビューティアクトEX セラミド原液 30mlグレースエフエー馬由来7409円
原液ビューティアクトEX セラミド原液 100mlグレースエフエー馬由来15876円
原液ラメンテ ピュアセラミド100+ 50ml日本天然物研究所馬由来13824円
原液そのまま!セラミド30mlシンエイ馬由来1257円
原液米セラミド原末/1gマンデイムーン米由来2376円
原液ラクトーセラミド 3mlマンデイムーン乳脂質972円
原液イーオイルプラスHO 30ml株式会社ハッピーベール米由来2894円
原液セラミド原液 10ml(セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ)ビーエスコスメ植物性1188円
乳液ディープエフェクトエッセンス・プラチナオースディ株式会社合成9280円
原液matsukiyoLAB発酵原液美容液 セラミド 30ml東洋新薬ヒト型1260円
原末国内製造 セラミド パウダー サプリ(パイナップル由来)5g ニチエー株式会社植物性2160円
原液ミラクル セラミド原液 30mlバスターミナル株式会社米由来3564円
原液EARTHEART 原液100% 植物性セラミド 30mlアースホールディングス植物性4320円
原液スウィーツソーパー セラミド濃縮液 10mlパルセイユ株式会社ヒト型5220円
原液ヒアロジー CE100 エッセンス 低分子セラミド原液 50mlバイオピュアヒト型33048円
原液clear Bee セラミD100 30mLCBS Cosmetics馬由来9980円
原液ピュアセラミド+ 50mlラメンテ馬由来9062円
原末米セラミドパウダー/0.5gピーチピッグ植物性1080円
原液ヒューマンパワーセラミド 特泉原液 20ml株式会社クルード植物性2016円

原液の効果や成分となるセラミドについての詳細など、表から比較する時にもう少し詳しく見たい方は以下を読んでみて下さい。

原液の効果はある?ない?セラミドについて

セラミドの効き目はある?

近頃では化粧品をはじめ多くの商品に配合されているセラミドといいます。
セラミド原液は文字通り主成分がセラミドだけで作られているものを指します。

原液の成分って何が入ってる?

セラミドの原液の成分をよく見てみると、セラミドのみの成分というわけでは無いのがほとんどです。例えば、成分の前の方には水やBGなどがよく目に付きますが、これはエキスを抽出する役目があります。

主成分となるセラミドの種類

ここでの分類は基本的に「何からの由来か」というのを主に分けるようにしています。
一般的には下記のような分類になります。

  • ヒト型セラミド
  • 合成セラミド
  • 天然セラミド
  • 植物性セラミド

合成セラミドのことを疑似セラミドと呼ぶことがあったり、酵母由来のセラミド、さらには「セレブロシド」、「ウマスフィンゴ脂質」、「ビオセラミ」馬由来とかたくさんあります。

きっと人によってはこの違いって何?と混乱してしまいますよね。ここではそれも簡単に説明しますので、自分の思っていたセラミドはこれだったんだ、と分かるようにしています。
それでは、さらにセラミドについて掘り下げます。

セラミドの種類一覧

一般的表記ヒト型(天然)合成(疑似)天然植物由来
由来酵母由来石油由来馬由来
動物由来
米由来
麦由来
大豆由来
蒟蒻芋由来(こんにゃくセラミド)
化粧品成分セラミド1=セラミドEOP
セラミド2=セラミドNG、セラミドNS
セラミド3=セラミドNP
セラミド4
セラミド5
セラミド6 =セラミドAP
セラミド7
・セチルPGヒドロキシ
エチルパルミタミド

・ヘキサデシロキシPG
ヒドロキシエチルヘキサデカナミド

・N-ステアロイル
フィトスフィンゴシン

・N-ステアロイル
ジヒドロスフィンゴシン

・ヒドロキシステアリル
フィトスフィンゴシン
ビオセラミド
セレブロシド
ウマスフィンゴ脂質
グルコシルセラミド
コメヌカスフィンゴ糖脂質
セラミド糖脂質含有米エキス
セラミド含有米抽出物
加水分解コンニャク根
トウモロコシ胚芽抽出物
4つに分けられるセラミド。
合成セラミドとヒト型セラミドの違いは、原料が石油からか天然かの違いです。
セラミドの成分はセラミド1~7と厳密には細かく分けられています。
植物由来や動物由来のセラミドは上記の1から7までが全て含まれています。
しかし合成セラミドやヒト型セラミドのような人工的に生成しているものは、
植物由来や動物由来のようにそのままのセラミドを作ることができず、
その成分のそれぞれであるセラミド1~7までを個別で作ることができます。

ヒト型と合成の違いは?

セラミドの基本的な構造

人の体にはセラミドが存在しています。
加齢とともに減少するので、それを補うためにセラミドを人工的に作ったものを使用するわけです。

酵母由来をヒト型セラミドと呼ぶ

酵母菌のイメージ

酵母から生成したものをヒト型セラミドと呼びます。

化粧品成分の表示はセラミドEOP、NPやNGなどと呼びます。以前まではセラミド1などと番号が付いた呼称でしたが変わりました。

酵母由来のため、これを天然セラミドといいます。

疑似的に作られたものを合成セラミドと呼ぶ

さきの人型セラミドに倣って化学的に生成したものを合成セラミドといいます。セラミドに似せたものだから疑似セラミドなどとも呼びます。

成分表記でヒト型セラミドは「セラミド」と書かれていますが、合成セラミドではセラミドとは記載されておらず、「N-ステアロイルフィトスフィンゴシン」などで記されています。

天然(動物)由来や植物由来

動物性の化粧品成分などは天然セラミドは呼ばれています。昔は牛から抽出されたものがほとんどでしたが、狂牛病問題によって馬に変わったという経緯があります。

多くは馬由来の~というキャッチコピーが付けられていて、馬セラミドなどと呼ばれていますね。

馬セラミドのイメージ

成分はセレブロシド、ウマスフィンゴ脂質、ビオセラミドなどと表示されています。

植物性のものは麦や米ぬか、トウモロコシ、大豆、こんにゃくなどから抽出したものになります。実は植物からの由来となっているものはたくさんあります。スフィンゴ糖脂質が含まれている植物や動物一覧」でご確認ください。

オルビスからは、トクホとして消費者庁から認可がおりた植物性の食べるセラミドが出ました。美肌トクホのディフェンセラは乾燥肌に効果あり!

こんにゃく植物性の中でもこんにゃくがもっとも含有量が多いと注目をされていて、麦や大豆などに対してアレルギーがある人にも安心して使えます。

他に成分として入っているものは何か

成分に対して疑問に思う女性

「化粧水」とは文字通り水が含まれているものを指します。

多くは水やBGという成分

エタノールフリー(エタノールを使用しない)を謳う場合などには、このBGで抽出することになります。

あわせて保湿力もあります。抽出にBGを使用しない場合は、エタノールやグリセリンなどを使用します。

保湿力、ベタつきはBGよりもグリセリンのほうが強いです。

参考文献「抽出剤BGのオススメ

年生にキサンタンガムという成分が含まれている

キサンタンガムはガムです。

化粧品にガム?なんて思ってしまいますが、増粘剤として利用されていて、粘性を出す働きがあります。キサントモナス属と呼ばれる菌類によって作られる天然のガムです。

乳化の安定性を高めることができ、質感を良くできます。

粘性があるため保護膜としての効果があり、保湿系のクリームなどに良く配合されています。

キサンタンガムとは…成分効果と毒性を解説

原液の効果

化粧をしようとする女性

セラミドの効果は以下の3つが主に挙げられます。

肌の外側に角質層があって、そこの細胞の隙間にある細胞間脂質の一種です。

通常、人の肌は油膜によって表面が覆われています。

水分が蒸散しないように機能していたり、細菌やアレルゲンなどの侵入を防ぐ働きがあります。つまり肌バリア機能があることで肌は潤いを保ち乾燥肌にならないようになっているというわけです。

ちなみ当サイトの「セラミド化粧品の効果が出る時間」という記事では3~4週間後くらいとなっています。詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

アトピー性皮膚炎に効果がある?

とりわけ、アトピー性皮膚炎の患者は角質細胞間脂質が減少していて、ラメラ構造となる角質層での水分を保持することが十分にできず、バリア機能が低下しています。

 

アトピー性皮膚炎患者の乾燥皮膚に対して合成セラミドクリームを外用したところ、86%で有用性を認めたという結果があり、ここでは合成での有用性は十分に証明されています。

 

具体的な成分は天然セラミド2の類縁体を含有した8%合成疑似セラミドです。疑似セラミドの中で有名なのは花王から発売されているキュレルです。「キュレルのセラミド効果って本当?アトピー性皮膚炎や敏感肌などに使える?」原液にこだわらず、安価で安定した製品をお探しの場合はキュレルを検討するのも良いといえます。

参考文献:「アトピー性皮膚炎に対する合成疑似セラミドクリームの有用性及び安全性の検討」西日本皮膚科 中村 哲史, 本間 大, 柏木 孝之, 坂井 博之, 橋本 喜夫, 飯塚 一 1999 年 61 巻 5 号 p. 671-681

パサついた髪にも効く?

セラミドは髪にも効果があるイメージ

肌への効果だけではなく、髪の毛にも効くという噂を聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は成分が脂質ということもあり、髪にも皮膚と同じように水分を閉じ込めてパサツキさよならという効果があります。

頭髪の成分のうち外側に効果あり?

髪の構造は三層からなっています。

外側からキューティクル、中間部分をコルテックス、芯となる部分をメデュラと呼びます。

髪のほとんどがコルテックスで、この成分を構成しているのがタンパク質、水分、脂質、メラニン色素となっています。

髪の毛の構造は、中心部をメデュラ・中間部をコルテックス・外側をキューティクルと言い3つの層で成り立っています。髪の外側にあるキューティクルは細胞間脂質で構成され繋ぎ止められています。さらに詳しい情報は「セラミドは毛髪に効果有り!40代から髪が痛むから早めのケアが大切」という記事を書きましたのでこちらのページをどうぞ。

お肌と同様に髪の水分の蒸散防止

セラミドにはお肌同様に髪の水分などが蒸散するのを防ぐ働きがあります。

ブリーチなどで傷んだ毛髪をユズ由来のセラミドによって処理することで、毛髪強度は健常毛と同じくらいにまで改善も確認されています。

悪化した滑り性やキューティクル部分である毛髪表面も改善されています。

参考文献「天然成分を利用した機能性活性成分の開発 4・3毛髪保護作用」 オレオサイエンス/11 巻 (2011) 5 号 坪井 誠

原液と化粧水美容液などの違い

原液との違いは?というイメージ

qwer6695571 / Pixabay

原液で販売されている量はおおよそ20mlから30mlがほとんとです。
少なく感じられますが、原液の場合は数滴を使うだけで十分なのです!

化粧水や美容液、乳液などに薄めたり、直接使ったりするだけなのでわずかに20ml程度となっています。

さらに原液の使用期限もほとんどが60日以内などです。一度使い始めたら毎日肌ケアをするためにも使うようにします。

化粧水や美容液とは

一般的な化粧水とは文字通り水が含まれていてその比率は80%ほどもあります。

残り10%がアルコールやグリセリン、セラミドなどの成分となっています。

肌には浸透しない?

化粧水だから皮脂によってバリアされているので、そもそも肌に浸透しないので、化粧水は意味がない、ビタミンCは角質層へ浸透しないのでは?と思いがちです。

しかし問題はありません。ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)にすることによって、皮膚へ浸透するように合成されているので角質層へのアプローチはしっかりと行えます。

そして皮膚は脂溶性のため、セラミドなどの油脂が浸透します。化粧水はこのような働きで角質層に作用しています。

参考文献「ビタミンC誘導体

原液に近い美容液といえばビーエスコスメから発売されている商品もおすすめです。こちらの口コミや成分、効果について詳しくまとめたページがあります。
ビーエスコスメのセラミド美容液の口コミから原液など効果や成分は?

 

ファンデーションはKissのマットシフォンシリーズがおすすめ!?

キスマットシフォン商品画像

毛穴を隠すファンデーションなどでも保湿効果があるものを使いたいですよね。もちろんファンデーションにもセラミドが配合されているものはたくさんあります。その中でも有名な口コミサイトで上位ランクにある「マットシフォンシリーズの美肌ベース」はニキビの元になりにくい成分のほかに、うるおい成分のカモミラエキスやヒアルロン酸、そしてセラミドが配合されています。テカリを抑えてサラッとしていながらもしっかりと保湿してくれるので、乾燥肌にでも使えます。

天然セラミド原液

天然セラミド原液といえばジャパンギャルズから発売されているピュアビューエッセンスシリーズが有名です。

これは化粧品材料液=原液100%をそのまま使える美容液です。

天然セラミド原液

Amazon

ジャパンギャルでは、この原液の効果について、水分を閉じ込める保湿成分があるとしています。

30代からセラミドが減少したことでお肌の乾燥などを感じるようになるので、若々しいお肌を保つために必要な成分となります。

天然セラミド原液100%に含まれている成分

 

  • セレブロシド
  • BG
  • フェノキシエタノール

セレブロシドというのは馬由来のセラミドのことですね。

そのため天然セラミドで販売されているわけです。

内容量は25mlです。

成分の量はBGの方が多いなど憶測もありますが、表記ルールに基づいて、水の次にセレブロシドが含まれていることがこの画像からわかると思います。

ジャパンギャルズの原液は使用期限60日以内

開封後は60日以内に使い切らないといけません。

化粧品の中に菌などが混ざったりするとカビの発生することがあるので、フェノキシエタノールという防腐剤を含ませされているので、60日以内は使用ができるというわけです。

防腐剤ときくと悪いイメージがありますが、これは全体の1%未満で配合させるという決まりがありますので、極微量であり人体の安全については国が定めているので安心です。

もしこの天然セラミド原液100%にフェノキシエタノールが含まれていないと、成分のほとんどは水で構成されているのですぐに腐敗します。ミネラルウォーターなどをイメージすると分かりやすいかと思います。

ちなみに、薬事法で化粧品は3年以内に品質などが変わってしまう可能性がある場合は使用期限を明記する必要があります。もちろん適切な保存をしての3年です。

防腐剤としてはパラベンというものが最も有名で長年使われてきましたが、いくつかフェノキシエタノールの方が利点があり、パラベンよりも殺菌効果のある微生物や、同一濃度だとパラベンより刺激性が低くアレルギーの心配がないことが挙げられます。

参考文献:「フェノキシエタノール | 美容成分辞典 | 資生堂グループ企業情報サイトフェノキシエタノールは化粧品の防腐剤。メリットと危険性!

おすすめの原液は?

最後になりましたがみんながおすすめとして探している二つを紹介しますね。

ヒト型セラミド原液のおすすめはチューンメーカーズ?

ヒト型というのは前述した酵母由来のセラミドのことです。

つまり成分表記も「セラミド」とはっきりと書かれているものですね。

混乱しやすいので再度簡単に説明すると、動物由来のセラミドを天然セラミドや馬セラミドと商品名で呼び、箱などに書かれている成分表示はセレブロシドなどと記されています。

植物由来は米セラミドなどで成分表示はコメヌカスフィンゴ糖脂質などと記されています。

チェーンメーカーズからも発売されていますが、ここで発売されているのは植物性のものです。

それでは以下で植物性について紹介します。

植物性セラミドの原液のおすすめはチェーンメーカーズ

 

チェーンメーカーズはレノア・ジャパンが製造販売しています。

レノアというと柔軟剤が思い浮かぶ人もいますが、あちらはP&Gなので全く別会社ですね。

レノア・ジャパンのブランド「チェーンメーカーズ」の原液シリーズにセラミド原液が3つラインナップされています。

  • セラミド
  • セラミド200
  • セラミド 200BIG

米ぬか由来の糖セラミドです。チューンメーカーズではナノセラミドと呼んでいます。

成分は基本的にどれも同じです。効果については、角質層へ浸透させて乾燥するお肌を滑らかにしてくれます。

200と付いている方はセラミドを200%に増量したもので、濃度や保湿力がアップしています。

200BIGは200よりも3倍サイズが大きいものです。

肌体質を意識した商品が多い

成分は原液ということもあり、パラベンフリー、アルコールフリー、無香料、鉱物油、着色料も使用していません。

製品には色や臭いが付いている?という質問や疑問を持つ人もいるかもしれませんが、これは原料によるものですので、添加されていません。またパラベンフリーというのはパラベンという防腐剤が使われていないという意味です。

またアルコールフリーなのでアルコールも使用されていません。鉱物油というのは石油由来のことですがこちらも使用されていません。

ワセリンも鉱物油ですがこちらは医療などでも使用されています。

これまでは石油由来というのは化粧品などでイメージが悪く付いていましたが、精製技術の進歩によって安全性に問題はありません。

最近では「植物性の中でもこんにゃくセラミドというものがおすすめ」です。小麦や大豆などのようなアレルギーがある人に向いています。

参考文献:「物油とはどのようなものですか?」資生堂ワタシプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました